Blog Archives

韓愈の符読書城南を黄山谷評して云う。韓公たる者、まさに後生を開くに性命の学を以てすべきにして、富貴栄達を以て誘 […]

松下文法準拠 初めての漢文法 昔書いたものですが興味ありましたら御覧ください。。

私が漢文の勉強を始めた時は無論、いわゆる参考書の類なり、明治書院の漢文本なりから入りました。そこでまあ句法や返 […]

今日は漢文法ではないのですが、古文の助動詞『まし』を浚ってみましょう。まず松下博士の『まし』の定義を確認します […]

さて今回も漢文と言う者に気楽に触れていこうではありませんか。ここでは松下文法やらなんやらと言った小うるさいこと […]