大人になってからの趣味としての漢文法と漢文。やろうやろうと思っていてもなかなか集中も続かず、肝心の松下文法も復習出来ずに年ゆくばかりです。

松下文法準拠 初めての漢文法

昔書いたものですが興味ありましたら御覧ください。。

私が漢文の勉強を始めた時は無論、いわゆる参考書の類なり、明治書院の漢文本なりから入りました。そこでまあ句法や返り点などに触れるわけですが、段々と飽きたらなくなる。ちょっとそう言う書物の訓読と言うものが場当たり的なものに感じられる。一貫していないように感じられることが度々出てくるようになる。そんな次第で最終的に松下大三郎の標準漢文法に行き着くわけでありますが、そこに行くまではやはり従来の訓読でやった。今でも基本はそうであります。

ところが近頃の漢文参考書の一部では、と言いましても実際に手にとって見たわけではありませんがネットを通して見る限りに於いてはどうも文法と言うものもやる。文法と言っても戦前の漢文典の如き半端なものではなく、もっと徹底している。

例えば不でありますが、こう言うのを副詞とする参考書も出ているようであります。個人的には不の品詞につきそこまで悩んだことはない。国文法の助動詞「ず」とは確かに違うと言えば違うが、しかし単に副詞と言われてもどれほど発明するところがあるものか。「不」は上で打ち消し、「ず」は下で打ち消すと言うくらいの理解であるならば然程品詞にこだわる必要もないとは思う。古人は副詞などと言わず、管到と呼んだ。副詞だけではない。上にある語が下の語に対してどこまで効力を持つかと言うすこぶる便利な考え方で、非常に精密に漢文を読んだ。細かく文法をやるのは無駄ではなかろうが、先人の作法はよく洗練されているから煩瑣でない。わかり良い大道である。この大道から入って、その後興味が湧いたら脇道小径に目を向けると言う行き方の方が自然であると思うが如何。ちょっと思うままに書いてみた。

旧独学漢文法より転載。

最近ですね、ちょっと私も用例集と言いますか、孟子なり何なりから任意の例文を採ってそれを品詞や成分関係、あとは検索の便利のために句法の項や標準漢文法内の記載箇所などを書き置いて一覧にしてみようと思ってですね、アプリのnumbersと言うのを使って表にしてるんですね。それで今一度各例文につき該当するであろう標準漢文法の箇所を読み直しておるんですが、やはり色々と忘れてしまっておるものですから、これがなかなか難儀な作業になるのですね。あれはあそこ、これはどこそこに書いてあるなどと速かに行くかといえばそうでない。案外に自分の分類が果たしてそれで当たっているかと言うことを反芻してみなければならない。それでまあ今回はその読書の最中に読み直した自分の記事をこうして記憶のためにも再び転載しておこうと思った次第です。

「妻」と云う字には「めあはす」、すなわち嫁がせるの意味がありまして、辞書などには「以女嫁人曰妻之」(女(むすめ)を以って人に嫁せしむるを、之に妻はすと曰ふ)と説明されておりますが、文法的に申せばなんということはありません、先日扱った名詞性動詞の第二の用法である「他動の客観的生産性動詞的用法」であります。つまり自分の娘をして人に妻と為らしめるわけであります(使吾娘為人(*)妻)。「使趙不括即已」(史記廉頗藺相如列傳)の「將(将にす)」などと同じ用法に過ぎないのです。

(*)「人」は「為」の依拠性に対する依拠格的客語。「人に妻と為る」であり、「人の妻と為る」ではないことに注意(二百十二項参照)。

之姚姓之玉女 (史記秦本紀 ) ⇒ 「使姚姓之玉女
故先以其女胡君、以娛其意 (韓非子說難) ⇒ 「使其女胡君
以其子(*)之 (論語公冶長) ⇒ 「使其子
*概念の新旧の都合から他動性の客語(其子)を先にし修用語としてあるのです。「妻之以其子」とあれば、却って「其子」が新概念になるのです。之にめあわすに(なんと)自分の娘を以ってするといった気味になります。原文は「其子」を旧概念とし、「妻」を新概念としてありますから、自分の子をどうするかといえば、(なんと)之に妻とする、といった気味。

変換後の「妻」は「為」の生産性に対する生産格的客語で、複層の客語の一方が生産格的であれば、必ずそれは外層となることは上記の通りであります(八百九項参照)。変換後の「為」と「妻」とが斜体・太字となっておりますのは、原文ではこの二成分が「妻(妻と)」という一詞で表されていることに注意を促すためです。二つの概念の統合されたものが一詞で以って表されておるのです。このような「詞の妙用」を評して松下博士曰く、

漢文は各詞が大抵単音であって活用が無く且つ助辞が無く、それで巧みに各詞を用いて簡潔に思想を表すものであって、此の点に於いて実に世界無比のものである。勿論俗事の実用には不便なものであるが、古典としてその妙味を味ふには及ぶものが有るまいと思ふ。殊に名詞性動詞の妙用に至っては実に感服の外ない。論語などの文章が崇高であるのもそういふ点が大いに関係すると思ふ。之をもし書き下しにしたならば価値は十分の一もないことになる。何となれば助辞や語尾や殺風景な贅物が沢山目に入るからである云々 (『標準漢文法』四百四十一項)

余談

諸侯不期而會者八百國、皆曰紂可伐矣、王不可 (十八史略)

このような「不可」を一般的に「きかず」と訓みならわしておりますが、文法的に云えば、動詞性再動詞(変態動詞)であります。たとえば以下の如きものと同じです。

妻曰死何益、不如自行搜覓、冀有萬一之得、成之 (聊齋志異)
智而能者、小人也 (孔子家語)

「然」は「しかり」ではなく、「之を然りと」の意味であります。「有能」は「能有り」ではなく、「能有りと」の意味であります。すなわち「以之然」「以能有」(または自以為有能)の意であります。これに倣って「不可」を訓めば、「不可と」となります。「王不可」は「王以諸侯之言不可」の意であります。

さて。所在なき事いくらかこってもどうしようもないのですから、読書でもして紛らしましょう。

今回はアンリ・テイラー卿の人材登用論の最終回であります。氏によれば学問に偏り専らなればその実務に堪えぬことを前回までで見た。思い起こすは元田永孚の幼学綱要序にあります言葉。即ち、

苟志向未定而専知識才芸之務則殞徳性傷教化其害不可勝言

斯くの如きをテイラー卿はこう表現する。

The talents which are evinced in literature may be turned to the purpose of business, provided their application that way is seasonably determined, before literary objects, enjoyments, and habits of thinking have fixed themselves upon the mind.

なんとなく私には其の意味するところが同じように聞こえましたが、まあそれはさておき、続きを見ていきましょう。

まず最初のbe observed it は成句で諒とされたしの意。即ちここまでの話はあくまで既に想像的、哲学的なる学問の為の学問にのみに専心してきた老年の者についてだと言うのです。しかし其のような学問が決して悪いと言うのではなく、宜しきを得て涵養されれば(Duly counterpoised and kept within bounds)、公務にも十分役立つと言うのです。

それどころか多少なりとも其のような想像的哲学的なる資質のあるにあらざれば(do not in some degree enter) 、彼は決して一流の政治家とは言えないと言うのです。

何となれば、想像無くしては公正博大なる哲理ある能わず。而して公正博大なる哲理なくんば、広範複雑なる実務を処理する真智ある能わず。

想像の能力は一つの観点から多くの事を見るに欠くべからず、さらに多くの事から一つの断案を導くに欠くべからず。主に其の明晰さに与する所の心的作用の円滑さにとって必要なり。そして最後に、其は複雑に絡み合った状況において、種々の人々と共に種々の同情心を発するに不可欠なり。この同情心あってこそ、活溌溌地なる観察と知識とは発揮せられるるに至るなり。

最後のit is necessary to bring about は文字通りit が to bringするに必要なりとの意で訳出。即ちto不定詞はit を表すでなく、necessary に対する補充也。