Monthly Archives:

「為~所~」は一般に「~の~する所となる」と訓まれまして、被動(受身)を表すものであります。たとえば「富豪為悪 […]

前記事 ネットでいくつかの記事を見ましたところ、問二の問題の解説でこういうものが多いようです。即ち「目以清嗜」 […]

以下問題文です。なかなか難しい。間違いあればご指摘お願いいたします。 問一 「尚」は「タットブ」と訓ず。 問二 […]

たとえば、「嘗て登った山」「冬の山」と言ったときの「山」は自ら単独に考えられる具備した全き概念を表しておる。即 […]

まづ此の「酒は飲んでも、飲まれるな」を漢訳する前に、文語文に書き直してしまいましょう。例えば「人酒を飲むなり、 […]

以下表題にあります通り批評的な内容を含みまして、ややもすれば露骨な駁論の如き感を抱かしむるに易きも、此れは徒に […]

今や時の権力者に親しむべき友の居らないことは常識の如く思われておりますが、是れ固より下の者が上を敬うことの禮な […]

明治昭和の東洋学者、井上秀天氏曰く、 (作麼生免得此過、具透關眼者(、試舉看))この二句を、古来「作麼生かこの […]

No newer/older posts