「如・・・然」の文法

月曜日 , 25, 11月 2013 Leave a comment

白文(七文字):

聖人之道猶天然 (論語朱熹註)

漢文法:

この『短文練習』なるカテゴリに於いては、文字通り至って短い句を取り上げていくわけでありますが、今回のは論語集註の一節であります。前回同様多久氏の『多久の漢文公式110』を見ますと、この「猶・・・然」の句形は取り上げられてはおらんようであります。塚本哲三氏の『更訂漢文解釈法』を見ますと、「如・・・然」の形で取り上げられております。しかしそんなことはどうでもよいのです。我々にとって大事なことは漢文法としてどうであるか、ということのみであります。前回にも申した通り「如、若、猶」は皆「似る」という意の動詞であります。名詞の客語を取るもので、松下文法では帰着形式動詞と言う分類にあります。「如花(花の如し)」と云えば、「花に如(に)る」のであります。上文も「然」の字を削って「聖人之道猶天」とすれば分かりよい。すなわち「聖人の道は天に猶(に)る」のであります。

「然」(代動詞)は「そうである」の意で、上を受けて其の事柄を指示的、間接的に再示しておるのです。動詞ですから其の格は「然り(終止格)、然して(方法格)、然らば(拘束格)、然れども(放任格)」等いづれもありうる事であります。「然り」は動詞で、「然らば」は接続詞である、などと考えないよう注意してください。結局上文を直訳的に訳せば「聖人の道は天に似ておる、そうである」とでもなります。

*「如、若」には「しく、まさる」の意の場合もあり。文法的性能に於いては変わり無し。

訓読:

聖人の道は、猶ほ天のごとく然り

「猶・・・然」は「猶ほ~のごとく然り」と訓む慣わしです。「如(若)・・・然」ならば単に「~の如く然り」でよいです。意義は皆同じです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です